タグ別アーカイブ: 還暦祝いグラス

焼酎がよりおいしくなる5つのテクニック 名入れ焼酎タンブラー

あたたかい春は水割りの季節です

春のお酒

桜も咲き始め、ついに春がやってきました。
お酒の好きな方は、お湯割りから水割りへ切り変える人も多いでしょう。
これからの季節は、焼酎タンブラーなどがプレゼントにもおすすめです。

 

覚えておきたい! おいしい水割りの作り方!

焼酎イメージ

「水と焼酎を混ぜるだけ!」と思っている方も多いでしょうが、
水割りひとつ作るにも、おいしくなる秘訣はいろいろあります。
今回は誰でも簡単に水割りをおいしく作れる5つのポイントを紹介します。

 

1)焼酎と水の割合は、6:4

焼酎イメージ

人それぞれに好みはありますが、水割りで一番おいしいのは
「焼酎6:水4」の割合と言われています。
アルコール度数20~25%の焼酎を上の比率で割ると、
アルコール度数は12~15%になります。
多くの日本酒がアルコール度数15%程度と考えると、
日本人の口に合う割合なのかもしれませんね。

 

2)焼酎→水の順番で入れる

お酒を注ぐ

「混ざればどっちも一緒でしょ!!」と思いがちですが、
実は焼酎を先に入れてから水を入れる方がおいしい水割りになります。
焼酎は水よりも軽いため、焼酎の上から水を注げば、
焼酎が自然と上へ向かってマドラーで混ぜるよりも効果的に混ざり合います。
ちなみに、お湯割りの時にはお湯→焼酎の順番がおすすめです。

 

3)水はミネラルの少ない軟水

ミネラルウォーター

いい焼酎には割る側の水にもこだわりたいところ。
おすすめは、ミネラル分の少ない軟水です。
日本で作られる焼酎は、軟水で仕込まれており、
軟水を使えば焼酎の味を引き立たせてくれます。
逆にミネラルの多い硬水だと、焼酎の味を邪魔してしまうので注意しましょう。

 

4)タンブラーも冷やしておく

冷蔵庫をあける人

氷をたっぷり入れて、冷たい水割りを飲みたいときは、
グラスやタンブラーも事前に冷やしておきましょう。
氷が解けて味が薄まるのを防ぐほか、冷たさもキープできます。

 

5)よりまろやかになる裏ワザ「前割り」

ボトルイメージ

少し時間はかかりますが、水割りを一晩寝かせる「前割り」という裏ワザも。
一晩寝かせることで、アルコールと水の分子が混ざり合い、
よりまろやかな口当たりになります。

 

メッセージを入れて、世界で一つのプレゼントに

名入れタンブラー

お酒好きの方へは美味しいお酒が作れるタンブラーがおすすめ!
こちらの焼酎タンブラーでは、オリジナルのメッセージを入れることもできます。
ありがとうの言葉を込めて、世界にひとつのプレゼントはいかがですか?

 

焼酎がよりおいしくなる5つのテクニック 名入れ焼酎タンブラー

 

 

 

【FAXでのご注文はこちらから】
045-662-7737

【お電話でのご注文はこちらから】
0120-00-4448 (平日10:00~18:00)
受付時間 平日 10:00~18:00(株式会社アイポケット)